会計システム導入で失敗しないための見極めポイント

今やビジネスの現場では会計システムの導入は必須でほとんどの企業で採用されています。

しかし、それにもかかわらず必ずしも会計システム導入企業の満足度はあまり高くないのが一般的です。
これは導入にあたり見定めるべき必要なポイントについて深く精査せず見逃してしまうことが主な原因としてあります。まず見極めるべきはサポートセンターが自社の業務内容やシステムについて理解・把握をしているかです。

給与ソフトの体験版ダウンロードに関して最新情報を教えます。

導入をした後の問い合わせ先がサポートセンターになることは多くあります。
この時サポートセンターが画一的な説明しかできず適切な対応ができないと話が全くかみ合いません。
仮に導入するシステムが既存のパッケージ製品を基にしたものだとしても個別にカスタマイズする部分はあるはずです。

自社業務に理解が必要なのはベンダーの営業も同様です。



発注者側の要望に応えるだけでは短期的にはうまく稼働できても長期的に運営した時トラブルを産む可能性があります。

システムを利用する社員がどんな業務を行っているのか、会社が置かれている業界のポジション、今後の方向性等について営業が理解をしてくれていないと近視眼的な提案しかできません。

そのため自社の担当者とベンダーの営業とで詳細にヒアリングをする必要があります。



綿密に打ち合わせを重ねることで深く長期的な視点で今後の業務拡大や変化を見据えた設計をすれば、社員の満足度も高く何十年も安定して稼働することのできる会計システムを導入することができるでしょう。